「地方創生」の旗印のもと、地方から日本を元気にしようという大きな動きが着実に広がっています。 それは明治維新の頃のように、今や日本全体に波及しています。 唐津市は、変化に富んだ美しい自然と大陸との交流の歴史を背景に、農林水産業をはじめとする産業や伝統的な地域文化が育ち、優れた観光地としても発展してきました。 2016年には、唐津くんちの曳山行事が「山・鉾・屋台行事」の一つとして、ユネスコ無形文化遺産に登録されたところです。 このようにすばらしい地域を、私たちは、守り、育て、発展させていかなければなりません。 その努力こそ、地方から日本を元気にすることだと確信しています。 自分の夢の実現に向けて地元で学ぶ皆さんは、私たちの同志であり、次の時代を担う大切な人材です。 皆さん一人ひとりが自らの能力を高め、地域社会に大きく貢献できる人材となり、共に地域を輝かせていくことを心から期待しています。
 

唐津市長 峰 達郎(みね たつろう)

 
唐津市長