“志”で未来を拓く

「幕末、佐賀藩ほどモダンな藩はない」と評したのは、作家の司馬遼太郎氏です。
当時、佐賀藩はいち早く西洋の科学技術を積極的に導入するとともに、優秀な人材の登用や育成に力を入れており、こうした“技”や“人”によって明治という新しい時代がつくられました。
その原動力となったのは、先を見据えていた人々の“志”であったと思います。

やりたいことを見つけ、それを実現するために専修学校へ進む皆さんの胸には、きっとそうした熱い“志”が秘められていることでしょう。グローバル化やイノベーションの進展など、地球規模で目まぐるしく社会が変化している今こそ、強い思いを持って学ぶお一人おひとりが、スペシャリストとなって活躍されることが期待されているのです。
皆さんを育んだふるさとの歴史や伝統を誇りに思うとともに、未来へ向かって挑戦し続ける心を大切にしながら、一緒に佐賀県を盛り上げていきましょう。

佐賀県知事 山口祥義(やまぐち よしのり)

 
佐賀県知事