佐賀県専修学校各種学校連合会(佐専各/させんかく)

職業教育でみんなの未来を全力応援! 佐賀の学校で夢を叶えよう!

佐賀県専修学校各種学校連合会/させんかく

職業教育でみんなの未来を全力応援!
佐賀の学校で夢を叶えよう!
 

佐専各進路アドバイス専門学校進学

させんかく 進路アドバイス 専門学校

専門学校進学を決める前に

専門学校進学を決める前に

専門学校をイメージで決めると後悔します。
学校のレベルを測る基準がないからこそ、自分の目で見て、しっかり調べて、
自分にあった学校を選んでください。
学校の大きさや設備など見た目で判断しないことが大切です。

十分な比較検討はしましたか。

 専門学校は、プロとして通用するように、専門科目を実践的に学ぶことができる職業教育学校です。
好きなことを仕事にするための学校といっても良いでしょう。
 
学校数が多く、同じ分野でも1年制〜4年制と様々で、卒業時に専門士や高度専門士の称号が付与される学校もあります。それだけに、進学を決める前に学校の違いをしっかり比較検討することが大切です。

校舎の綺麗さや、設備の豪華さばかりに目を奪われないで、在校生が活き活きしているか、整理整頓・清掃が行き届いているかなど、学校の日常をイメージしてみて下さい。

 

やりたいことが明確な人は、学校の違いをしっかり確認しましょう!

学校を決める時に、注意すべき点がいくつかあります。
 
1.就職率だけで判断しない
就職率が100%でも、全員が目指していた業界や職種に就けたとは限りません。
就職率を気にするなら、業界就職率に注目してください。質問しても答えが曖昧な学校は慎重に考えた方が良いかもしれません。

 
2.卒業までの退学者の割合
専門学校は大学に比べてハードです。だからこそ、一人ひとりをしっかりサポートしてくれる面倒見の良い学校が多いのですが、学生数の多い学校では、目が行き届かない場合もあります。
一つの目安として、在校している2年生や3年生に学校の状況を聞いてみて下さい。退学者が少なければ、学生満足度が高いと言えます。
勉強について行くのが遅れ気味でも、しっかりサポートしてくれる先生が多いのでしょう。業界就職率が高く、退学者が少なければ信頼できる学校だと思います。

 
3.卒業までにかかる学費の総額
募集要項に細かく記載している良心的な学校がほとんどですが、入学後に別途研修費や教材費が必要な学校もあります。3年制や4年制の場合は大学より高額になる場合もあります。また、県外の学校を選んで一人暮らしをするつもりなら、学費の2倍くらいはお金がかかります。

それだけのお金をかける高い価値があるか冷静に考えてください。
目指す職業によっては1年制や2年制でも十分な場合があります。
同じ資格が取れて、就職も問題ない学校が他にもあるかもしれません。
特に、奨学金を借りる場合は、将来のことを考えて、費用負担が少ない学校を検討してみて下さい。毎月いくらを、何年かけて返して行くのか理解しておく必要があります。

 
 

    • 月額12万円を4年間借りた場合
        • 貸与総額576万円 
        • 月返済額25,023円程度 返済期間20年間(240回)
    • 月額12万円を2年間借りた場合
        • 貸与総額288万円
        • 月返済額15,516円程度 返済期間16年間(196回)
    • 月額5万円を2年間借りた場合
        • 貸与総額120万円
        • 月返済額8,552円程度 返済期間12年間(144回)
    • 月額3万円を2年間借りた場合
        • 貸与総額72万円
        • 月返済額6,801円程度 返済期間9年間(108回)
  •   ※返済額は貸与利率0.4%で計算した参考例です。実際の貸与時期により貸与金利は異なります。

 
 
4.認可校かどうか
「専門学校」は学校教育法に定められた基準を満たし認可を受けた学校のみが使用できる名称です。また、「大学校」の名称は大学ではなく専門学校と同じです。
「専門校」「専門学院」など似た名称の無認可校もあります。学歴や就職後の給料に差が出ますので注意してください。

 
認可校無認可校の違い

オープンキャンパスで専門学校の違いをしっかり確認しよう!

これから進路(大学・短大・専門・就職)を考える人は専門学校のオープンキャンパスを活用しましょう!

 
やりたいことが沢山あって絞りきれない。
まだやりたいことがはっきりしない。
大学か就職か専門学校か進路をなかなか決められない。
 
そんな時は専門学校のオープンキャンパスや体験入学を賢く利用しましょう!
専門学校はやりたいことが明確な人が進学する学校です。
だからこそ、頻繁に進学イベントを行ってしっかり理解・納得してもらう努力をしています。
たとえ専門進学希望でなくても、将来の目指したい職業や、進学にかかる費用のことなどいろいろな情報を得ることができますので、就職希望でも大学希望でもとても参考になると思います。
デメリットは何もありません。遠慮なくどんどん参加しましょう!