佐賀県専修学校各種学校連合会(佐専各/させんかく)

職業教育でみんなの未来を全力応援! 佐賀の学校で夢を叶えよう!

佐賀県専修学校各種学校連合会/させんかく

職業教育でみんなの未来を全力応援!
佐賀の学校で夢を叶えよう!
 

保護者の方へ

佐賀の専門学校進路アドバイス

させんかく 進路アドバイス 保護者の方へ

親子で進路を考えるポイント

日頃から将来について話をすることが進路のミスマッチを防ぎます。

中学生・高校生は将来を考える大切な時期

進路は、どのような職に就き、社会に貢献していくかを見据えて考える問題なのですが、中学生、高校生の時期に深く考えなかったことで、進学・就職後に後悔する例が少なからず見受けられます。
 
年間8万人を超える大学生が中途退学し、およそ半数の4万人は非正規雇用となっている事実。
高卒就職者も30%弱が1年以内に離職、3年以内だと50%以上が離職している事実。
 
文科省や厚労省の調査結果をみても、安易な進路決定にはリスクがあることも念頭においてください。
 
進路を考える際に、目標や夢がはっきりしているのが理想ですが、目標も夢も時々によって変わるのが当たり前の年代です。この時期の保護者の役割として、将来を考える会話の機会を作ることが大切だと思います。
しかし、頭ごなしに言われると反発する時期でもありますので、たとえ視野が狭くても、知識が不足していても、自立した個性があることを尊重しなければ逆効果であることは言うまでもありません。

大学全入時代の大学の価値

就職率がバブル期以来の高さとなり、大学に入れば就職は安心と誤解している中高生がいるかもしれません。
確かに仕事を選ばなければ就職はできますが、その点が理解できていないのではないでしょうか。
人気企業や大手企業に就職するには、上位の大学で相応の努力をしなければ難しい状況は何も変わっていません。
 
2010年前後から「大学全入時代」と言われていますが、努力を重ねて上位校を目指す高校生と、現状の学力で入れる大学を探す高校生と二極化しており、結果的に大学の格差が広がっているのが現状です。
 
大学のレベルを気にしなければ誰でも入学できるわけですから、企業側もその様な見方をすることは、就職難の時代を経験した保護者なら容易に想像できると思います。
 
労働政策研究・研修機構が定年まで同じ会社に勤めた場合の生涯賃金を試算しています。
大卒で中小企業に就職した場合「2億1990万円」
高卒で大手企業に就職した場合「2億7030万円」
工業高校などで専門技能を身につけて大手企業に就職した方が、大卒より生涯賃金が高い場合もあるという実例です。

目的のない進学のリスク

「勉強内容に興味が湧かず中退、やりたいこともなくフリーターになった」という例は決して珍しくはありません。年間8万人を超える大学生が中途退学し、およそ半数の4万人は非正規雇用となっている状況から見ても他人事ではありません。
 
ではなぜ興味のない勉強のために進学したのでしょうか?
専門学校への再進学者からは「他にやりたいことがあったのに、親の知識不足や思い込みから理解してもらえず仕方なく大学に進学した」と言う言葉をよく聞きます。
専門学校へ進学する既卒者は、全体の10%前後ですが、その中で目立つのが大学中退者です。
子供のためを思ってのアドバイスが、子供の可能性を潰したり、無駄な時間とお金をかけることもあり得ます。
親子で意見が違う時は、感情に流されないよう一呼吸置いて、親も一緒に学ぶくらいの気持ちが必要かもしれません。

職業観が未熟な状態で就職させるリスク

就職も同様に、親の価値観や給与や休みなどを基準にすることで早期離職につながっています。
厚労省の調査では、小規模の企業に就職した30%弱が1年以内に離職、3年以内だと50%以上が離職しています。
早期離職の最も多い理由が人間関係です。社会経験の少ない高校生にとって、会社でのコミュニケーションは大きなストレスになり得ます。
また、仕事にやりがいを感じないことも大きな理由です。就職はゴールではなくスタートです。長く続けていくためには、仕事内容をしっかり確認しておく必要があります。
 
専門学校生や大学生の場合、就活の際に親が過度に関与すると弊害の方が多くお勧めできませんが、社会経験の少ない高校生の場合は事情が異なります。高校に頼るだけでなく労働と仕事の違いを理解させるなどサポートが大切です。

親子で価値観が異なるのは当然のこと

進学にしろ就職にしろ、本人が納得していない状況では、大きなリスクがあることを保護者も理解しておく必要があります。親子とはいえ価値観が同じとは限りません。どんなに子供を心配する思いが強くても、頭ごなしに聞こえてしまえば、本人は自己を否定されたと感じるかもしれません。信頼されていないと感じるかもしれません。本音で話すことは大切ですが、建設的であることが前提です。我慢強く話しを聞く姿勢が大切です。

専門的職種に対する理解

時代とともに大きく変化した職種や内容が分かりづらいカタカナ職種、親の時代にはなかった新しい職種も多いと思います。
子供が希望する職種について理解しているつもりでも、すぐに反応するのは控えた方が良いと思います。古い知識や不十分な理解のままでは、話がかみ合わず親子喧嘩になりかねません。
インターネットで調べるのが手っ取り早いのですが、ネット情報は玉石混合です。保護者がネガティブな状態だと、否定的な情報ばかり見てしまいますのでニュートラルな気持ちが必要です。子供と一緒に情報を集めるのも良いかも知れません。

専門学校進学は想いが重要 

専門学校は職業教育を行う学校です。それだけにしっかりとした想いが必要です。
実習や資格取得の専門科目を中心に、仕事の基本となるコミュニケーションやビジネスマナーなども学びます。大学に比べる密度が濃い時間割ですが、目標が明確でその仕事が好きであればハードに感じることはないと思います。逆に言えば好きでなければ続かない可能性もありますので、本人の本気度を確認しておくことが大切です。

専門学校は大学に比べ学びの自由度が高いのが特徴 

時代によって求められる技能は目まぐるしく変わります。
専門学校は、時代の要求に応えるため学習内容を柔軟に変えることができるのが大きな特徴です。
その反面、同じ分野や学科でも、学校によって考え方が異なることが学校を選ぶ際の注意点にもなります。
「即戦力を重視し、知識より実技優先カリキュラム」
「柔軟性を重視し、高い専門性より幅広い経験を優先するカリキュラム」
「人間性を重視し、コミュニケーションやマナーを基本とするカリキュラム」
など様々です。
専門学校選ぶ際には、保護者の目で教育内容を確認してほしいと思います。

専門学校選びの注意点 その1.就職率 

大学は偏差値など一定の目安があるため分かりやすいと思いますが、専門学校の場合、学校のレベルを図る基準が明確ではありません。職業教育ですから就職率が目安になりそうですが、実は注意が必要なポイントでもあります。
就職率は、就職希望者のうち何人内定したかを表しますが、就職希望者と内定の定義が学校によって異なるのが問題です。
 
就職希望者の考え方

    • A.全ての在学生を就職希望者とする学校。
    • B.全ての卒業見込み者を就職希望者とする学校。
    • C.自己申告制で申告がない場合は就職希望者としない学校。
    • D.成績など学校独自の要件を満たさない場合は就職希望者としない学校。

   ※[A][B]共に、就職非希望を明確に申し出たものは除く

常識的に考えれば、就職のために進学したわけですから[A]か[B]を分母と考えますが、そうではない学校もあります。
 
内定の考え方

    • a.正規雇用1人別内定数
    • b.契約社員・試用期間が長く 正社員登用前は長期アルバイトの場合も含む
    • c.延べ内定数
    • d.一般的なアルバイトや派遣登録も含む

 
内定としてカウントするのは[a]が普通ですが、業界によっては[b]も含みます。
[b]はエンターテイメント業界や高い専門性が求められる職種など。
[c]は進学予備校や進学塾などでは一般的ですが就職率算出には不適切です。
[d]は言うまでもなく論外です。
 
d/Dで計算すると就職率の意味がほとんどなくなります。
 
率ではなく実数で確認するのが賢明です。
入学者何名に対して、就職者が何名か。を公表できる学校は間違いのない学校です。
卒業者何名に対して、就職者が何名か。を公表できる学校は基本的に問題ないと思います。
さらに、「業界就職率」が明示されていれば教育の質も分かると思います。
例えばWEBデザイナーを目指す学科の場合、就職率が100%で全員がWEB関連の仕事についていれば良い教育がされていると判断できます。
就職率が100%でも、学んだ内容と全く関係ない就職先が多い場合、理由を確認してください。

専門学校選びの注意点 その2.資格取得 

資格取得に強いのも専門学校の特徴ですが、意味のある資格を取らせているかを判断してください。
 

    • A.資格や免許がなければ就職できない職種
    • B.資格や免許があれば就職に有利な職種
    • C.就職には直接影響しないが学習の進捗を図れる資格
    • D.就職には関係しない資格

 
資格は、受ければ通る趣味程度のものから、合格率10%前後の極めてレベルの高いものまで様々なものがあります。
例えば、
国家資格の看護師などの医療系や美容師などは、資格がなければ仕事ができません。
国家資格の調理師免許や自動車整備士、情報処理系などは技能を証明する資格で、なくても仕事はできますが就職には欠かせません。
民間の資格の中にも、世界的なIT企業の技術認定資格やエステティシャンなど業界団体から認定を受けた学校でしか取得できない資格もあります。
逆に、実力さえあれば資格は全く関係ない業種もありますので、職種と資格の関係をよく確認してください。

専門学校選びの注意点 その3.教育内容

「都会暮らしをしてみたい」「設備や校舎の豪華な学校が良い」など、教育内容や実績など、本質と違う動機や観点で学校を選ぶ中高生がいることも否定できません。保護者が子供に任せっきりの場合に多い例です。
子供の自主性を尊重しているとか、子供の判断を信頼しているとか、聞こえは良いですが、実際は無関心や放任である場合、干渉のしすぎより問題かもしれません。
残念なことに、大手の学校の中には、教育よりビジネスを優先しているところもあります。
高額な学費負担の上に、まともな就職ができず、全ては自己責任だと言われ、奨学金の返済だけが残ってしまうような事態は避けなければなりません。

保護者には、是非ともオープンキャンパスなどに参加して、信頼できる学校か確認してほしいと思います。
特にミュージシャン・ダンサー・声優などのエンターテイメント分野は多くの中高生が憧れますが、夢の実現には、諦めない・へこたれない強い想いと相当な努力が求められます。教育目標が明確で面倒見の良い学校であれば、仮に夢が実現できなくても、人間力を高めることはできますので、教育内容をしっかり見極めてください。

教育費はコストではなく投資

経済的に苦しいから進学は考えていない。
それぞれの家庭に様々な事情があると思いますが、教育は将来大きなリターンを得るための投資です。
本人に学びたい意思があるのならギリギリまで方法を考えてみてください。
地方自治体の補助金や奨学金、低金利や無金利の日本学生支援機構奨学金など、本人が就職して返済する気持ちがあれば、自宅通学可能な範囲で良心的な学費の学校を探してみてください。
体力と気力が必要ですが、新聞奨学生であれば、給与をもらいながら、一定額の学費を支援してもらえます。大変ではありますが、新聞奨学生は就活でも高く評価されています。
1~2年働いて、学費をためて進学する例もあります。
親子でしっかりと話し合ってベストな進路を見つけてください。
 

専門学校など認可された学校では公的奨学金が利用できます。

JASSO 日本学生支援機構のサイト
 
JASSOのサイトで貸与・返済のシミュレーションができます
 

その他の奨学金制度

母子家庭や父子家庭の場合は、自治体の支援を受けることができますので検討してください。
 
母子父子寡婦福祉資金貸付金
 
 
 
佐賀県専修学校各種学校連合会加盟校は、真摯に進路探しのお手伝いをします。
オープンキャンパスに参加するだけでも多くの情報を得られますので、積極的に活用してください。